めんどくさがりの迷走

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めんどくさがりの迷走

情報発信から、体験したことまで色々迷走しているブログです(現在ブログカスタマイズ中)

ワイモバイルのポケットwifi 305TZのメリットデメリット

レビュー・体験談 家電機器

f:id:nagi7230:20151103181019j:image

(すでに使用感のあるwifiでスミマセン)

先日、楽天wifiのGROPなんちゃらからワイモバイルの305TZに買い替えをしました。

楽天のwifiからそろそろ他社のも使ってみたいなと思い買い替えを決意しました。

自分のポケットwifiの使い道

・携帯(携帯会社のネットは契約せず)
・PC
・ゲーム機
・タブレット端末(主に読書用)

と、ポケットwifi一台で色々まかなっていました。

家族でPCやら何やら使うなら家にルーターを置いておけばいいのですが、一人暮らしなので節約したいなと思ってこのような使い方をしておりました。

そして、新たにポケットwifiを探している際も店員さんにこの条件で使いたいことを伝えて一緒のに検討しました。

ポケットwifiのざっくりとした特徴の説明

ザックリした説明のため詳しい説明をお求めの方は申し訳ありません。。
(通信スピードが○Mbpsと言われても実感が湧かない方向けという感じです。私もよくわかりません。)

まずポケットwifiには、

毎月の使用できるデータ量が大きいタイプと、
通信が早く、色々な所で繋げるが制限がつきがちのタイプに分かれます。

前者で有名なのがWimax等で、
後者が楽天やワイモバイル等でこちらは携帯会社の回線を利用しています。
(携帯会社から出されているポケットwifiはこちらという事になると思います)

・前者は実際に使っていないので店員さんに聞いたレベルの話になりますが、
前者は通信料が大きく、制限も緩いが、電波がどこでも通るわけではない(年々増えていると思いますが)
のに対し、

・後者は携帯回線なので比較的つながりやすいが、通信制限がつき物。

という違いになると思います。
私の認識で違う部分もあるかもしれませんが、
ざっくりとこういう感じととらえていただければと思います!

実は昔ワイマックスを使っていましたが、その頃はまだまだ電波も弱く、親戚の田舎に行くと全くネットが繋がらなくて困った事がありました。
今は改善されているかと思いますが…

という事でいつでもどこでも使いたい!
動画はそこまで見まくるわけではないし、何かデータの大きい物をダウンロードするなら公共のwifi使えばいいし!
と思い、私は後者のwifiにすることにしました。

ワイモバイル305TZ「無制限」とは

そこで店員さんに勧められたのが、ワイモバイルの305TZです。
この305TZはアドバンスモードという回線と、通信スピードが速いLTE回線がそれぞれ使えて、
アドバンスモードは標準モードと比べて多少遅くなり、電波の範囲もそこまで広いわけではないけどデータの大きい通信を行う場合にはオススメだし、標準モードは携帯回線のLTEモードだから色々な所でつながりやすいですよ!

というオススメを受け、これにすることに決めました。

そして通信の制限について。

まず305TZには毎月7GBの制限があります。

この制限、標準モードとアドバンスモードを合算した形になります。

ちょっと淡い期待で別々だったりしないかなwと期待したりもしましたが^^;
この7GBを行くと標準モードは全く使えなくなるそうです。
そして7GB以降はアドバンスモードのみが実質無制限で使えるという事になります。

305ZTの速度制限になる場合とは

前項の毎月7GBの制限ですが、注意しなければならない事があります。

それは標準モードで7GBを超えると速度制限がかかってしまうという事です

その状態でアドバンスモードに変えても制限はかかったままとなり、
解除するには500円の追加料金が必要となります。(0.5MB分)

ちなみに7GBまではどちらのモードで使っていても制限には関係ありません。
7GBを超した時点で標準モードだった場合に制限がかかります

極端な例でいうと
6.9GBまで標準モードを使い、その時点でアドバンスモードに切り替えて7GBを超えれば制限はま逃れます。

制限について店員さんも勘違いがありました…

補足というか蛇足になりますが、この制限については店員さんも勘違いをしていました。
某家電量販店の中に入っているYモバイルのスタッフのお兄さんは正しい説明をしてくれましたが、
不安になって別の日に店舗の方のYモバイルのにーちゃんに聞いたらどう使っても7GB超えた時点で制限になります!と断言されました…

結局どっちが正しいかわからずYモバイル公式サイトへ問い合わせました。

店員すら勘違いしてしまうこの仕組みはどうなんでしょう…。

標準モードとアドバンスモードの通信の快適さ

データの数値を言われても実感できない&詳しくないため感覚の話になりますがご参考になればと思います。

標準モード

色々な所で繋がる、早い、地下鉄や人ごみでもつながる。

アドバンスモード

標準モードよりは多少遅いが不便に感じない。ガラケーでネットにつないだ時の速度みたいです。
地下鉄や人ごみでは繋がりにくいor繋がらない場合も。

なので、7GBまで標準モードであとはアドバンスモードという使い方になりそうです。
というか使い分けるメリットがそこしか感じられません(^^)

その他305TZのメリットデメリット

メリット

タッチパネルのディスプレイが何より便利!!
現在のデータの使用量がわかり、制限になると通知も表示される。

個人的に電源ボタンとロックボタンが押しやすい。
(以前の楽天wifiが長押しで電源のオンオフする物だったのですが、それが何気にめんどくさかったので)

デメリット

既に書きましたが、プランや制限について勘違いしやすい。

最後にまとめ

最低限メール、電話、地図やナビアプリなど、最低限につなげられればいいという方であれば不便はないと思いますが(そもそもポケットwifiも必要なさそうですね。)
ゲームやら本やら動画やら色々楽しみたい方はポケットワイファイをどう使いたいかで慎重に選ぶ必要があるという事ですね。

そしてどこかで妥協が必要なのが現状です

通信の量をとるか、速度や繋がりやすさをとるか、タブレット端末用に、ゲーム用に等々。。。

今回私はワイモバイルの305TZを選んでまぁこんなもんかーと思ったのが正直な感想です^^;

公共のフリーwifiも使いつつ、うまく使っていきたいと思います。


※ポケットwi-fiは時期によってプランや仕様が変わる場合があり、
この記事と最新の情報が違っている場合もあるのでご注意ください。