めんどくさがりの迷走

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めんどくさがりの迷走

情報発信から、体験したことまで色々迷走しているブログです(現在ブログカスタマイズ中)

ファイアーエムブレムif 暗夜 をクリアしました。疲れた…

ゲーム 趣味

先に買った友人から、ゲーマーの君には暗夜からでいいよ!とオススメされたのでどっちでもよかった私は勧められるままに暗夜にしました。

ファイアーエムブレムif 暗夜王国

ファイアーエムブレムif 暗夜王国

 

 同性婚の前情報で大きく話題になった「if」ですが、暗夜は男主人公選択で同性婚の所を女主人公にしていたので同性婚の事は忘れてました)^o^(

ネタバレしない程度に感想を述べると、

白夜王国と対立してる話です。(ざっくり説明笑)

生まれ故郷は白夜だけど、育ったのは暗夜王国という主人公が、どっちの国を選ぶかという分岐を選べるようになっています。

ただ暗夜のソフトなんで選択肢は暗夜しかありませんが…!

 

ちなみに暗夜のソフトですが試しに白夜側を選んだらどうなるんだろう?なんて興味本位で選んだ所、選べちゃったんですよね!

驚きました…!!

えっ、えっ、選べたんだけどバグ!?って思って友人にリアルタイムで連絡してしまいました。

そのままムービーも見れてその章をクリアできたのですが、次の章に入れたところで進めなくなりました\(^o^)/

おいおいおいおい!

次の章のタイミングってなによ!

章が進んだ時点でセーブ上書きしてなくてよかったです…(汗

 

それで内容に戻るのですが、暗夜の方の国王が非道で身内でも使えなければ切り捨てるようなことを言う暴君。

ぶっちゃけ分岐点までは白夜側に感情移入してしまいます('_')

しぶしぶ(?)暗夜に進むと、主人公が暗夜王国につきながら白夜王国に犠牲を出さないという信念を持って暗夜王国の内側から変えていという覚悟を決めることになります。

 

そんなわけで時には白夜の人を助け、助けられという義理人情な展開も見ることが出来るので、暗夜をプレイしながらも白夜の人たちにも感情移入することが出来ます

なので後半の展開には驚きました。

特に白夜からプレイした方はさらに衝撃を受けたそうです。

話の全体は…

暗夜だけ見たら物足りないストーリーでした。

27章もあるのに物足りなさを感じました。

話が一本道です。

シンプルに白夜が邪魔してきて、暗夜が攻めて~…ラスボスへ~という明快な内容です。

ちなみに暗夜だけでは伏線を残したまま、しかもラスボス倒した後にも謎を残したまま終わるので第三のストーリーも買ってね!って事ですね。

透魔やってないのでわからないのですが、とりあえず闇夜の一本道では、ファイアーエムブレムによくある黒幕みたいな存在はいませんでした。

世間の評判通りの萌えゲー

いつものキャラクター同士の好感度に加えて、
今回は主人公の視点で仲間たちをなでなですることが出来ます!

なでなで最中の反応も、エロい…

背景もキラキラ、なでる音もポワポワしてます。

萌えアレルギーがある人にはきついかもしれません。

なでなでしなくても全然ストーリーに問題はありませんが、仲間とのコミュニケーション、キャラクターに思い入れがあってこそ話も面白くなると思うので、本編の面白さの感じ方も変わってくると思います。

主人公が異性と支援Sになって晴れて結婚すると結婚相手とのラブラブのキャッスルライフが始まります。

こっぱずかしい告白のセリフから、キッスもあります\(^o^)/

今回本編の会話の一言意外にこのなでなで用の声も収録されてるのでいつもより沢山声が収録されてると思うと、それだけでも凄いと感じますね。

ムービーもそこそこ入ってますし、3DSの容量どれくらい入るんだ…

支援会話で気になったところ…

今回のFEはハーレムです。

皆主人公大好きです。

特に主人公の王国内の身内、兄弟たちやメイド、執事、はもう主人公のためなら死ねると言わんばかりです(実際王族だから命がけで守るのは当たり前というツッコミ)

そんな身内の面々同士で支援をあげるとどっちが主人公の事が好きか~とか主人公の話が中心になっていることもそこそこあって、微笑ましい反面、ちょっとウンザリ…

君たちの半分以上が主人公で占めていたとしても、それ以外のその2人の一面をみたいよ!!!!と思い始めてから、なるべく主人公の話をしなそうな組み合わせで支援をあげていました。

システム、難易度について

暗夜は白夜より難易度が高いとありましたが本当に難しかったです。

敵もダブルアタックしてくるので気を抜いてると想定外のダメージを食らっていたり…

あと命中率…当たりすぎ!70%台でもアテに出来ないですし、逆に相手はそれくらいでもバンバン当ててきます。

たまたまなのでしょうか…敵ずるい…

敵の命中率は30%台でやっと安心できるかなって感じです(・_・;

なので速ければ万能というより今回は固くてタフな人の方が使えました。。個人的に…

あと職業も前回と違ってなれるものが限られるので戦略性やキャラクターの育て方に個性が出ます。

なのでやりこみ度はとても高いです!

こだわりだしたらすごいやり込んでしまいそうです。

あと闇夜ではフリーバトル的なのがないのでストーリーの中でしかお金や経験値が入らないので全員最強に育てるのは難しいです。

勿論ストーリーの進行だけでも十分強くなりますし、外伝もありますし、追加コンテンツという手段もあるので意外と育てられます(^O^)

 

ストーリーの難易度は、トラップ的なものがあったり、自然が邪魔をするものがあり、テクニカルなステージが多いです。

龍脈という自然の力を操作する力が王族にはあるのでそれでうまく戦略を立てていきます。

 

ゲーム慣れしてない方は、白夜からしていただくことをお勧めしますー